スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
ethnic bowie
「ethnic bowie」
武器としての要素が強いので製作していなかったボウイナイフですが作るならこんなデザインで、と製作しました。

スピアポイントの片切刃、鋼材はCV134。ガードは真鍮でデザインの統一感を出す為非対称です。
201707110824392cc.jpg
2017071108244030c.jpg
201707110824413a6.jpg

グリップは鹿角、真鍮、人工大理石など。ポメルも真鍮。全体に古びさせてあります。
20170711082443221.jpg
スポンサーサイト
[2017/07/11 08:39] | 製品 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ウル ボード付その②
こちらもウル、ボード付です。サイズ等は先日UPしたものとほぼ同じ、握りのみイタヤカエデです。

20170604115716e01.jpg

[2017/07/11 08:19] | 製品 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
Laser3000 ver.hhk
Laser3000 ver.hhk(写真上)

今の住居に来たとき放置されていた商品名Laser3000 (写真下)が思ったより使いやすくだいぶ研ぎ減りしたので自家用に再現してみたものです。
「stainless steel」という大雑把なくくり の刻印以外謎でしたがアレンジでオリエンタルな不思議な雰囲気の包丁になりました。
鋼材はプロ向け包丁などにも使用されているVG10、握りは鹿角など。
[2017/07/11 08:15] | 製品 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ウル ボード付
北米に居住する民族、いわゆるイヌイットが用いているウルと呼ばれる刃物です。
本来は狩猟の際皮剥などに用いるものですが、現代では中心を窪ませたボードとセットでイタリアのメッザルーナのように微塵切りにも用いていられています。
20170501180522982.jpg
20170501180521638.jpg
201705011805239da.jpg
先日参考として展示した際にピザカッターと思われた方が多かったので試用してみました。こういった形も存在しているのは知っていましたが、結構綺麗に切れます。円盤型より使いやすいかも。
大きさ、形状違いでいくつか製作中です。
[2017/05/01 18:13] | 製品 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
ペルシャンスライサー
ペルシャ風のナイフをご覧になった方からのオーダーです。
20170209081407dac.jpg
刺身を引ける程度の刃渡、全体的に緩やかに反ったオリエンタルなデザインというご希望でした。
グリップは細めに、という事でしたがグリップエンドの指かけも一体とする為かなり太めの鹿角から削り出しました。
ライフスタイルにこだわりをお持ちの方でしたのでとても良い刺激をいただきました。
調理に使わない時も展示できるように台をオーダーされたとの事で嬉しいです。少し照れくさいような…
[2017/02/09 08:27] | 製品 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。